MENU

フケはなに?フケが生まれるファクター

フケは、スカルプの古くなった角質が剥がれたものです。人間の体調であるために定期的に新陳代謝にてスカルプは剥がれます。そのため、多かれ少なかれ誰でもフケは出ているということになります。ただし、本来ば人目につかない程度の量でしか新陳代謝は行われません。襟足が白く患うほどのフケは、こういうスカルプの新陳代謝のリズムにトラブルが生まれてしまっているということなのです。

 

スカルプに弊害が発生しているという点においては、フケも頭皮のかゆみも変わりません。フケに耐えるパーソンは、将来的に頭皮のかゆみに悩まされる可能性があるということです。そうならないためにも、フケが気になるなら、その原因であるスカルプ弊害にきちんと対処をするようにしましょう。

 

フケはスカルプの常在菌ですマラセチア菌を通じて発生します。つまり、フケが多い者はスカルプに関してこういうマラセチア髪の毛菌が本来の分散以上に繁殖してしまって掛かるのです。そうして、こういうマラセチア菌の繁殖は、マラセチア菌のエサです皮脂が過多分泌してしまっているということを意味します。

 

まとめると、フケが多い人のスカルプでは皮脂が過多分泌してしまってあることになります。こういう崩れてしまった皮脂の分散を元の正常な状態に立て直すことこそが、フケに関するメンテとなります。これは皮脂を通じてスカルプにかゆみが出てしまった者と同じですね。スカルプを健やかな状態に保つことこそが、スカルプ・毛髪のトラブルに関するマスのメンテなのです。

 

フケにもかゆみにも!スカルプ弊害に効くシャンプーセレクト!

では、皮脂の過多分泌というスカルプ弊害にはどのように方策すればいいのでしょうか。大前提として、脂っぽい食事を遠ざけるなどの習慣の成長があります。これらについで行う点としては、普通使用しているシャンプーの発達があります。

 

残念ながら、邦人の大半の者が利用しているシャンプーは、スカルプにとりましてダメージを与えるような有害なシャンプーだ。薬舗で売られているような、有名製造元の物のほとんどです。TVで大々的にアピールされているようなシャンプーは、そのほとんどが圏外だと思ってください。

 

選ぶべきシャンプーの法則としては、以下の2つがあります。

 

  • 石油系の組立て界面活性剤においていないカタチ(アミノ酸シャンプーなど)
  • シリコンなどの化学原材料を含有していないカタチ(ノンシリコンシャンプーや無添加シャンプーなど)

 

ラウ応え硫酸やラウリル硫酸などの石油系のクレンジング原材料やシロキサンやシクロメチコンなどのコーティング剤。これらが使用されておらず、スカルプにやさしいシャンプーが理想のシャンプーとなります。但し、調べてみれば押さえるのですが、薬舗にはきっとこれらの条件に合うシャンプーはありません。

 

何を買ったら良いか思い付か者は、このサイトの順番ページで紹介しているシャンプーを通して下さいね。WEB通販のほうが、簡単に選ぶべきシャンプーを見つけることが出来ます。

 

頭皮のかゆみトップページへ