MENU

頭皮のかゆみを薬で引き下げるテクニックという反動

このサイトで繰り返し述べているように、頭皮のかゆみを根絶させるためには洗髪の成長が欠かせません。但し、こういう作戦には威力がないのが短所だ。厳しいかゆみにて身の回りもままならないという時折、かゆみを押さえつける出荷薬によるのも一案だ。後、代表的な2つの頭皮のかゆみに効く出荷薬を紹介します。

 

最初に紹介する頭皮のかゆみに効果のある出荷薬は「ムヒHD」だ。虫刺されのかゆみ最期として有名な「ムヒシリーズ」の商品のひとつで、頭皮のかゆみの縮小に特化したものです。ベタつかないローションタイプで使い気分が良いので人気のようですね。

 

ムヒHDのOK根源としては、以下のものがあります。

 

  • ジフェンヒドラミン塩酸塩気
  • プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル
  • l-メントール
  • アラントイン
  • パンテロール
  • イソプロピルメチルフェノール

 

自分かゆみやその材料となる炎症を押さえ付けるOK根源だ。注目すべきは、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルでしょうか。いわゆるステロイド剤ですね。ステロイドというとリアクションが気になる方もいるかもしれません。ただし、ムヒHDに関しては、ステロイドによるリアクションにはそこまでビビる必要はありません。

 

ムヒHDで使用されているステロイドは、アンテドラッグタイプってよばれるステロイド剤だ。これは、塗布した局部にのみ反響があり、健康にはリアクションが発症しないようにデザインされているものです。そのため、ムヒHDは生後半年以上のベビーから使用できるようになっています。

 

頭皮のかゆみに効く出荷薬その2:メディクイックHゴールド

「メディクイックHゴールド」はロート製薬が公表講じる頭皮のかゆみに効く出荷薬だ。スカルプにストレートすり込むことが出来る明確箱の使いやすさが人気になっているようです。また、かゆみに効くOK根源も基準の範囲内で最大の量が配合されているので、確かな効果も期待できます。

 

メディクイックHゴールドのスカルプに効くOK根源としては、以下のものがあります。

 

  • プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル
  • クロタミトン
  • グリチルレチン酸
  • アラントイン
  • イソプロピルメチルフェノール
  • L-メントール

 

ムヒHDにおいてステロイド剤の一種であるプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルが使用されてある。但し、ムヒHDのところで述べたように、こういうステロイド剤はアンテドラッグタイプと呼ばれるリアクションの可能性が小さいものです。そのため、意外と安心して使用できる出荷薬と言えるでしょう。

 

また、ストレートかゆみを削る根源ではありませんが、メントールが配合されていることにより、塗り気分がスーッとするようになっています。これによって、きついかゆみをやわらげられるようにデザインされているとのことですね。ご近所の薬屋もAmazonも入手できる出荷薬ですので、気になるタイプは必ずチェックして下さいね。

 

頭皮のかゆみトップページへ