MENU

スカルプがかゆく上る洗いというならない洗い

頭皮のかゆみは、そのほとんどが洗髪選びの失態によるものです。から具体的に言うと、ストレスが強すぎる洗髪を選んでしまっているために、それによってスカルプ実態が壊れ、結果としてスカルプ吹き出物などになってしまうのです。

 

では、いかなる洗髪がスカルプにダメージを与えるような洗髪なのでしょうか。ここでは、最重要の2事に関して述べていきます。今後の洗髪買い入れの際には、ぜひ参考にして下さいね。

 

洗顔材質が石油的界面活性剤としている洗髪

一旦チェックするべきは、その洗髪に使用されている洗顔材質だ。洗髪の模倣代金を押さえ付けるために、粗悪な石油系の洗顔材質として掛かる洗髪が多くあります。上述は、強すぎる洗顔材質のためにスカルプに多大なダメージを与えるものです。ラウリス硫酸やラウリル硫酸などの洗顔材質が記載されている場合には、その洗髪は選択肢からはずすようにしましょう。

 

シリコンなどをコーティング材質として使用している洗髪

シリコンやポリマーといった材質として要る洗髪にも注意が必要です。これらの材質は髪のコーティング剤として使用されます。つまり、髪をこれらの材質で覆い、コーティングすることによって、うわべのサラサラインスピレーションやツヤを演出するものです。化学材質にて無理矢理にコーティングやるだけなので、結果としてスカルプに悪い影響を与える材質だ。

 

頭皮のかゆみにつながらない買うべき洗髪は?

では、逆に頭皮のかゆみにつながらない、つまりスカルプにダメージを与えない洗髪はどういった洗髪なのでしょうか?簡単にいってしまうと、上記の2つの条件の反対を行く洗髪だ。

 

つまり、石油系の洗顔材質というシリコンなどのコーティング材質としていない洗髪ということですね。正に購入する場合には、以下のスローガンをチェックしましょう。

 

アミノ酸的洗髪

石油的洗顔材質の代わりに、アミノ酸による洗顔材質を混合やる洗髪だ。毛髪、そしてスカルプはタンパク質から出来ている結果、アミノ酸は害をもたらすものではありません。やさしい洗浄機嫌でスカルプへのプレッシャーを最低限に防いでいただける。

 

ノンシリコンシャンプー

読んで言葉のごとく、シリコンを混合していない洗髪だ。確かに、使用後のくしとおりなどはシリコン混合洗髪に比べれば乏しいものがあります。但し、シリコンはうわべの髪を演出してあるだけで、スカルプの毛孔停滞などの悪影響をもたらすものです。これを防ぎ、スカルプ実態をクリーンするためノンシリコンの入力のある洗髪を選びましょう。

 

頭皮のかゆみトップページへ